REPsコンサルティング 【不祥事から会社を守る専門家】 
レピュテーションマネジメント、リスクマネジメント、クライシスマネジメント、の手法で会社の評価/評判を守ります。



























【Column headungs】
リスクマネジメントに関するホットな記事をユニークな視点で配信していますのでご覧下さい。 


下記のタイトルは、「REPs consul BLOG」 と 「コラム記事」 にリンクさせておりますので、タイトルをクリックすることでご覧いただけます。




【REPs consul BLOG headungs】

吉本興業に必要な改革は「これ」です

今の吉本を見て「変わらなくてもよい」と思う方はまずいないでしょう。
 多くの方が改善ではなく「改革が必要」と思っているはずです。
 この改革は失った信頼を早期に回復させることに繋がりますが、
 できなければ多大な損失を生むことになる、極めて重大な改革です。



芸能人「闇営業問題」の本筋はここにある

この問題の本筋は、”なぜ反社会勢力のイベントに参加してしまったのか”
 ここをフォーカスしなければ有効な再発防止策は生まれません。




「年金2000万円問題」何が本質的な問題なのか!
 それは、政府にとって不都合な事実を隠蔽しようとする姿勢にある。
  金融庁の金融審議会市場ワーキンググループが報告した 
  「高齢社会における資産形成・管理の報告書」の虚構はどこにある。




不正・不祥事は長期にわたり事業を運営していれば必ず遭遇します。

 不正・不祥事が ”公になる、ならない” は別とし、必ず遭遇するのであれば、事前に対処をしなければなりません。
 この対処のために求められる行動は大きく分ければ二つです。




ドキッとするタイトルで、驚いている方もいると思いますが、
 重大な不正・不祥事を起こした企業の社長には会社を救うことは出来ません。
 その理由は、この記事ををご覧になれば理解できるはずです。



この違いは、不適切動画をSNSに投稿しアルバイト店員だけの問題ではない。
不適切な行動に至る職場の環境に大きな問題が隠れています。
この問題を解決しない限り、再発を防ぐことは出来ません。
 その問題とは......






 ・

 ・

 ・

 ・

 ・


【Column headungs】

会社に貢献する思いが強ければ強いほど
 経営者の価値観は誤った方向に向かい、不正を招くことになるのです。
 だから、業務執行の監視機能の強化と充実させるサポートが重要Keyとなります。



「価値観」は最強の危機管理マネージャー

価値観の葛藤は「誤った価値観」と「適切な価値観」の “戦い” です。
 そして、誤った価値観を持つ者が勝者となったときに不祥事が起こります。
 不祥事を起こさせないためには「適切な価値観」を見いだし、共有すること
 ですが。その方法をご存じてすか。



組織的不正は「確信犯」?

不正が「なぜ長期間続ける」ことが出来たのか?
 この疑問を解き明かせば、隠れた本性が見えてくる。



西日本豪雨、被害の多くは「人災」?

なぜ多くの犠牲者が出ることになったのか。
このような災害から逃れるために必要となるアイテムは4つ。
 これを知れば災害に対する適切な行動が行えます。



あなたの会社に「経営理念」はありますか

「経営理念」や社員の「行動憲章」「行動規範」を策定していますか。
そして、それらを社会に公表していますか。
 策定の目的は「公表」することで大きく前進します。



不祥事からの信頼回復! 欠かせないものは

「信頼を失えば」全ての行動や発言は疑いの目で見られます。
 この状況下での信頼回復活動は容易ではありませんが、信頼を早期に回復させ
 なければ経営難に陥ります。
 この信頼回復には「〇〇〇」が欠かせないのです。



不正や不祥事の「ピンチ」を「チャンス」に変える

「不正・不祥事」起きたことは仕方がありませんし、なかったことにも出来ません。
 起きた後に出来ることは、このピンチを改革のチャンスに変えることです。
 ピンチだから出来る改革を行うのです。






















※「BLOG 」・「Column」共に、直近に掲載した記事のタイトルです。



Copyright (C) 2012-2019 REPs consulting. All Rights Reserved